IMG_2647%5B1%5D_edited.jpg

道なき道を探り行く

新たなコーヒーづくり       ​

有機栽培から自然栽培へ、慣行農法から自然栽培への切り替えは別の農園で行ってみた。

コーヒーの木が十分に生育した後の切り替えだから、きっとできた。

次は、自然栽培に基づいた全く一からのコーヒー作りの試み。その例は周りにはない。

農作履歴のない四エーカー(16,187平方メートル)の更地の開拓から始めた。

コーヒー生育に適した気候と水はけの良い傾斜地で、その可能性を信じて歩み始めた道。

畑というより、多種多様が共存できるコーヒーの森を長期的につくり、2023年の初収穫、2030年の豊作を共に喜び合える仲間と共に。そして、作られるコーヒーはSHIZEN coffee (自然珈琲)として次代へ継承していく。化学と機械に依存する短期大量生産による短命なコーヒー生育ではなく、長期間に渡って生産できる長寿なコーヒーの生育をより早く効果的に自然と人にもっと良いコーヒー作りを目指して。

 

IMG_3003%5B1%5D_edited.jpg
HP 4

自然栽培でつくる

自然と人のより良い関係

SHIZEN coffee (自然珈琲)では、自然と人のより良い関係を築くため、二つの柱を基本として自然と人に優しく美味しいコーヒー作りを実践しています。

柱の一つは、コーヒーの木が長期的により健やかに力強く生育するために、市販の肥料、薬品を使用しないで、土が本来持っている力をできるだけ活かして自然環境を早く整えること、

もう一つの柱は、自然の力がより発揮されるために、機械、効率性に過度に依存することなく、人が持つエネルギーと知恵を自然に注ぐこと。

自然環境への配慮、人としての役割がより高く求められている時代において、自然を活かし、自然に生かされる自然と人のより良い関係で、より美味しい珈琲作りを通じて、より健康的に長寿に生育できる植物と人のより良い相互関係を通じて、多くの人に喜び、幸せを感じていただけることが私たちの願いです。

IMG_2383%255B1%255D_edited_edited.jpg

自然の循環​を活かして

自然栽培を基本に創る

コーヒーの木の生育を重視しながらも、自然が調和し、より良い相互関係の成り立つ自然環境創りを目指しています。
 
一般的なコーヒー畑とは異なり、多種多様な植物を適した配置を施すことで相互に良い関係を築き、コーヒーの木の生育に適した自然循環による土壌の肥沃化、環境作り(日陰作り)を行うことで、施肥を行わず、コーヒーの木の自活力と自然との調和を重視しています。
 
自然栽培の区画においては、人工的な有機肥料を施さず、人が自然物から堆肥を独自に作り、土壌の肥沃化、自然の循環(コーヒー生育に適した日陰づくりなど)を早めることでコーヒーの木が元気に自活できるよう努めています
 
自然環境循環を最も大切にして、害虫誘因となりうる余計な有機肥料を避け、コーヒー生育に絶対必要な窒素などの主要栄養素は、自然物(植物など)で独自に補給を行っています。

9A1BD239-A56D-4AE5-A226-8BED83ECB79F.JPG
IMG_2641%5B1%5D_edited.jpg

 

​自然と人

コーヒーの木(植物)と人との交流

Mana Farming

Mana とは神秘的な力。

自然、植物、人の調和に流れる神聖なエネルギーが通う森づくりに向けて、、、

コーヒーの木が健康的に生育するために、

また、コーヒーの木が元気よく自活して生育するため、人はコーヒーの木への接植に努めています。

接植とは、人が好意(愛)を持って直接に植物に触れたり、愛情移入、心温かい言葉がけを行うことで植物の生育を促し、害虫への免疫力を高めることを目的に行っているものです。

 

一方で、自然の力がより発揮されることで、人は植物から癒され、人の労働と機械操作が省かれて人の農作業が楽になるといった自然、植物、人が相互に良い交流関係を築いていく美味しく優しいコーヒー作りを目指しています。

HP%207_edited.jpg
IMG_3974[1]_edited.jpg

コーヒーの森づくりを

       皆さまと一緒に。

 

            自然環境に何か良いこと、

               そして、今だからできること。

たとえば、1本のコーヒーの苗を植えてみる、

コーヒーの木の生育を願い、愛情を注ぎ見守る。

たとえば、自然環境に配慮したコーヒーの木のオーナーになって、自然環境に貢献して、世界に一つのコーヒーを飲む贅沢を堪能してみる。

記念すべき初収穫を喜び、初焙煎を共に味わう。

ハワイを感じる自然の魅力を尊び、自然の恵への感動、美味しさを味わう喜び、コーヒーづくりを体験、見学、参加したからこその充実感。

 

​そんな素敵な思いを皆さまと共に

HP 8

アメリカ公認の有機農園

自然珈琲はアメリカから公式承認を受けている有機農園です。(USDA Certified Organic Coffee Farm)

その基準に則して、有機肥料を用いてコーヒーを育てている区画と有機肥料を使用しないで、自然の力で育てる自然栽培で育てる区画分けを行っています。

​更地で全く一から自然栽培で育てる例は周りにはなく、どこまでできるか私たちのチャレンジです。

有機栽培、自然栽培、いずれも自然

​環境を配慮した、そして人にも優しいコーヒー作りを目指しています。

ko HI do

光に向かって、新たな道を歩む​

珈琲道

 
Kodo Miyaoka
宮岡 好道
SHIZEN coffee   農園長

近年職歴
 2001 年~ 
 コーヒー豆輸入焙煎販売会社(日本)

 2007 年~ 
 コーヒーの栽培、生育、生産、販売、
 コーヒー農園の開発、運営(ハワイ島)

    2019 年 ~ 
      独立起業(ハワイ島)
   コーヒーの栽培、生育、生産、販売、
      コーヒーの森づくり、"自然珈琲” を
      始めて現在に至る (ハワイ島)

IMG_0278[1].JPG