検索

Blog - 1 コーヒーの木が健康的で力強く生育しない。ナゼ? 

更新日:2021年3月3日

ハワイコナ地区はコーヒー木の生育に恵まれた自然環境下にあり、本当は木がもっと健康的に力強く長生きするはず。

でも、そうではない状況を多くのコナコーヒー農園で過去12年間に渡ってコーヒー農業に携わりながら見てきた。

除草剤、化学肥料、殺虫剤といった自然に非なる化学薬品に過度に依存し、多用しながら、これで良いのだろうかと感じ始めていた頃、働いてくれていたスタッフが除草剤散布中に体調を悪くし、嘔吐を繰り返し、除草剤散布の仕事がしばらく出来なくなった。

そんな頃、手元誤って除草剤がコーヒー木の散布され、コーヒーの木の葉の変形、苗が枯れた状態に目がいくようになる。コーヒー木が本来は活き活きと生育するのに、除草剤で人為的に生育不良を引き起こしているとの思いが強くなってきた。行政からは化学肥料や除草剤の多用により、海の自然環境が損なわれている話を聞いて、除草剤は使用すべきでないと確信に変われど、使用を中止することでコーヒー木の生産量や害虫対策に支障が出るかもしれないという不安が残り、化学品の使用を中止したいが、中止に踏み切れない葛藤があった。

閲覧数:34回2件のコメント

最新記事

すべて表示

コーヒー苗の畑植えを約2,000本行っている現状の中、農園の区画を2つに分けて自然栽培と有機栽培の両方でコーヒー作りを行うことにした。全く一から自然栽培でコーヒーを育てるとい初志を貫徹する。有機栽培区画においては、早速に市販の有機肥料を施した。問題は市販の有機肥料。市販の化学肥料よりから自然に優しいとは思われるが、使用材料が100%明記されていないことから、どこまで自然物であるかが不透明。化学肥料

これまで自然栽培で生育してきたコーヒーの苗たち、、、生育の良い苗もいる一方で、むしろ多くは生育がきわめてゆっくりで、本当に収穫できるか心配にもなる。近隣の化学肥料を施す慣行農園のコーヒー苗の早い生育状況を見ていると、やはり苗の段階は、せめて有機施肥で生育促進させてから、3~4年後に自然栽培に切り替える方が商業上良いと思うようになる。有機栽培(オーガニック)は、周りに先輩方の成功例もあるから確実性が

オーガニック(有機栽培)で作られるコーヒーがお店でよく見かけるようになった。 コーヒーだけでなく、食に関するあらゆる商品がここ5年くらいでしょうか。お店にはオーガニック食品コーナーが設けられていて、その棚も年々広くなっているように見かける。 慣行栽培で除草剤、化学肥料、殺虫剤を使用するコーヒーよりも、除草剤、殺虫剤といった化学薬品を使用せずに有機肥料や自然物を成分とする除草剤、殺虫剤に代わるオーガ