検索

Blog - 2 いつか、こんな風にコーヒーを育ててみたい。

更新日:2021年3月3日

化学薬品や化学肥料を畑に投与していくことが、だんだんと苦痛に感じてきた。でも、中止したくとも害虫でコーヒーの木に被害が及んだら、生産量げ減ってしまったら、農園マネージャーとしての評価、査定に響いてしまう。除草剤を中止して雑草でコーヒーの木の生育に支障が出てしまうのでは。雑草が伸びてしまっては、マネージャーとしての管理能力が問われてしまう。行いたいけどすぐに踏み切れない状態があったが、後に、除草については、農作業車両にチェーンをつけて走行して雑草の生育を抑える方法を実験的に行ってみた。それなりに効果はあったが、美しい農園としての美観を求められ、断念した。その後、文化保護区画内の雑木や雑草が自然生育する人の手入れのない場所にコーヒーの木を発見。そのコーヒーの木をよく見ると、適切な自然環境の中で心地よく健康的に元気に生育している感じを受けた。これまで見慣れた化学肥料をたっぷり与えられたコーヒーの木よりも比較的に枝は細く、葉の数も少なめ、付けている実も小ぶりだけど、赤く熟した実を舐めたら、美味しくて感動的だった。口当たりが柔らかいのに、味わい深く甘い感じがした。ツンとこない味というか、尖っていなくて素直で柔らかく優しい味わいを感じた。いつの日かこんなコーヒーの木をお世話をしたい、コーヒーを作りたいという思いが芽生えた時だった。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コーヒー苗の畑植えを約2,000本行っている現状の中、農園の区画を2つに分けて自然栽培と有機栽培の両方でコーヒー作りを行うことにした。全く一から自然栽培でコーヒーを育てるとい初志を貫徹する。有機栽培区画においては、早速に市販の有機肥料を施した。問題は市販の有機肥料。市販の化学肥料よりから自然に優しいとは思われるが、使用材料が100%明記されていないことから、どこまで自然物であるかが不透明。化学肥料

これまで自然栽培で生育してきたコーヒーの苗たち、、、生育の良い苗もいる一方で、むしろ多くは生育がきわめてゆっくりで、本当に収穫できるか心配にもなる。近隣の化学肥料を施す慣行農園のコーヒー苗の早い生育状況を見ていると、やはり苗の段階は、せめて有機施肥で生育促進させてから、3~4年後に自然栽培に切り替える方が商業上良いと思うようになる。有機栽培(オーガニック)は、周りに先輩方の成功例もあるから確実性が

オーガニック(有機栽培)で作られるコーヒーがお店でよく見かけるようになった。 コーヒーだけでなく、食に関するあらゆる商品がここ5年くらいでしょうか。お店にはオーガニック食品コーナーが設けられていて、その棚も年々広くなっているように見かける。 慣行栽培で除草剤、化学肥料、殺虫剤を使用するコーヒーよりも、除草剤、殺虫剤といった化学薬品を使用せずに有機肥料や自然物を成分とする除草剤、殺虫剤に代わるオーガ