検索

Blog - 5 オーガニックの需要が高まっている

オーガニック(有機栽培)で作られるコーヒーがお店でよく見かけるようになった。

コーヒーだけでなく、食に関するあらゆる商品がここ5年くらいでしょうか。お店にはオーガニック食品コーナーが設けられていて、その棚も年々広くなっているように見かける。

慣行栽培で除草剤、化学肥料、殺虫剤を使用するコーヒーよりも、除草剤、殺虫剤といった化学薬品を使用せずに有機肥料や自然物を成分とする除草剤、殺虫剤に代わるオーガニックコーヒーの方が、自然と人に優しくて良いことだ。10年以上に渡って化学薬品にどっぷりつかった農園でのコーヒー作りを脱して、オーガニックコーヒー作りで十分では?それだけでも有意義な感じもするし、周りにお手本の農園もあって道は開けている。オーガニックは大変だけどコーヒーは高く売れるし、市場の需要も高まってきている。

日本の有機農業の昔のイメージは、動物の糞尿を土、植物に混ぜたりしての堆肥づくり、臭くて労力かけて頑張る。雑草は手で摘みとらないといけないので大変、、

アメリカのオーガニックコーヒー農園のイメージは市販の有機肥料をまく。植物性の殺虫剤、雑草が生えないようにグラウンドカバーを敷きつめるといったスマートな印象。

ハワイ島コナ地区もオーガニックコーヒーづくりで成功している諸先輩がおられる。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コーヒー苗の畑植えを約2,000本行っている現状の中、農園の区画を2つに分けて自然栽培と有機栽培の両方でコーヒー作りを行うことにした。全く一から自然栽培でコーヒーを育てるとい初志を貫徹する。有機栽培区画においては、早速に市販の有機肥料を施した。問題は市販の有機肥料。市販の化学肥料よりから自然に優しいとは思われるが、使用材料が100%明記されていないことから、どこまで自然物であるかが不透明。化学肥料

これまで自然栽培で生育してきたコーヒーの苗たち、、、生育の良い苗もいる一方で、むしろ多くは生育がきわめてゆっくりで、本当に収穫できるか心配にもなる。近隣の化学肥料を施す慣行農園のコーヒー苗の早い生育状況を見ていると、やはり苗の段階は、せめて有機施肥で生育促進させてから、3~4年後に自然栽培に切り替える方が商業上良いと思うようになる。有機栽培(オーガニック)は、周りに先輩方の成功例もあるから確実性が

お世話を始めた有機栽培のコーヒー農園、ありがたいことに、全て私に一任してもらえた。願ってもない最高の機会に巡り合うことができた。有機栽培から自然栽培に切り替えを行うことにした。切り替えというと、大げさですが、要は有機肥料、堆肥を施すことをしない。作業が減って、お金もかからなくなる一石二鳥で嬉しいシフト。有機栽培を継続するだけでも、これまで10年以上に渡って苦労してきた除草剤、化学薬品の過剰散布が無